好きな色がきっと見つかる カラーチャート・色見本 colors RGB#

『colors RGB#』は、色見本やカラーチャートで、こういうものがあればという思いから作り始めました。色は、見た目に大きく影響するのですが、色の数は数えきれないほどあり、それをできるだけ使いやすくを目指しています。

手のひらサイズのスマホでも、できるだけ大きく色を表示するようにしました。これは、色の大きさで、見た目の印象が違うように感じたからです。カラーチャートでグラデーションのように並んでいるのも、似ている色なため、感覚的に掴み難い気がします。

最初は、RGBの3色、赤、緑、青をそれぞれ0~255の段階を自由に動かしながら色を作り、オリジナルの色を記録して使うように作りました。使い始めて、色は無数にあり、ベースになる色がないと、その都度、RGBを調節しながら色を探すことになり、手間がかかると感じました。

そこで、ベースになる色から好みの色に修正した方が、より気に入った色が作りやすく、カラーチャート、WEBセーフカラー、パステルカラー、ビビッドカラー、モノトーン、各国の伝統色を追加しています。カラーチャートの色は、英語で呼ばれているものを元にまとめ、日本語のスマホでは、色の名前が日本語表示、中国語では簡体字、その他の言語は、英語で表示するようにしています。

友人に見せたところ、喜んでくれたのですが、色の名前と想像する色が一致しないことがあり、そんな色がすぐに出せたらと言われ、音声認識で色を表示する機能を追加しました。VOICEボタンを押し、色の名前を言うと、その色が表示されます。

音声で呼び出せる色は、現在、このアプリの色見本で表示されている色の名前になり、1600色の中に、該当するものがあれば、表示されます。今後、さらに、色を追加していく予定です。

音声認識で色が出せるようになると、色の名前と色のイメージが上手く結び付き、より具体的に作ろうとするものが想像できるようになりました。色の広がりは、作品に大きな影響を与えそうで、頭の中に色を記憶するツールとしても役に立ちそうです。

 

 

好きな色がきっと見つかる・カラーコード表示 colors RGB#

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.saicheck.colors&hl=ja

 

アプリ開発、ウェブサイトやCG制作などで、好みの色をもっと気軽に探せればと思い作りました。RGB、#で色を表現する際にお役に立てれば幸いです。

こんな機能があります
☆カラーチャート、WEBセーフカラー、パステルカラー、ビビッドカラーなどの色見本
☆アメリカ、アフリカ、中国、日本の伝統色の色見本
☆赤、緑、青色を調節して、画面上の色が変化
☆バーの横にある-と+ボタンで、RGBの数値を1ずつ微調整
☆画面右に、赤、緑、青の3色の配合比率を%で表示
☆好きな色が見つかったら、リストに保存
☆カラーチャートの色を長押しすると、その色に関連するカラーリストを表示
☆保存した色、カラーチャートの色をタップすると、選択された色をベースにRGBで調節可
☆英語のスマートフォンにも対応
☆VOICEボタンから音声で色を探す機能があります。色の名前を呼ぶと表示され、『薄くする』や『濃くする』という言葉で、表示された色も音声に合わせて変化

スマートフォンの言語設定が、日本語以外の場合、英語版に自動で切り替わります。音声入力も英語になり、『light』で薄く、『deep』と『dark』で濃く、色が変化します。

色見本は、カラーチャート、WEB セーフカラー、パステルカラー、ビビッドカラー、各国の伝統色を合わせ、2500色ほどの色があります。

音声で色を呼び出す際には、カラーチャートや色の種類の中で、名前が表示されている色、1442色が対象になります。一部、他の呼び名も一般的な場合、そちらでも音声で呼び出せます。

ご注意
音声認識機能は、インターネットに接続できる環境でご利用いただけます。音声で表示できる色は、白、赤、ターコイズ、コーラル、アクアなど主にカラーチャート内にある色になります。